広島の結婚指輪ショップBEST5 トップ » ふたりに合った結婚指輪購入なび » いまいちど知っておきたい婚約指輪との違い編

いまいちど知っておきたい婚約指輪との違い編

結婚指輪と婚約指輪の違い。すでにご存知の方も多いと思いますが、いまいちど確認すべきポイントを紹介します。

結婚指輪と婚約指輪の違いとは?

婚約指輪は結婚をする約束、すなわちプロポーズをする際に男性から女性へ渡す指輪で、すでに渡した、という方もいらっしゃるかと思います。

一方で、みなさんがお探しの結婚指輪は、結婚式の当日に互いが交換する指輪。結婚している証として、日々、左手の薬指につけるのが一般的です。

結婚指輪の購入を考えているみなさんにとって、そんなの知っていて当然と思われるかもしれません。

では、なぜ婚約指輪と結婚指輪を分けて用意しなければいけないかご存知ですか?また、指輪でなければいけない理由は?

多くの方は、その意味を知らず単純なプレゼントであったり、形式上でしか指輪購入を考えていないのが実情。

結婚指輪で迷っているのであれば、いまいちどその意味や違いを確認することで、どんな指輪が欲しいか見えてくるかもしれませんよ。

ブライダルリングの意味

途切れることのない指輪の形状は、永遠の愛や絆をあらわします。身につけたり贈ることで、古来より婚約・結婚の証として用いられてきました。

古来、日本では結納という儀式を行うことで、婚約の証としてきました。近年では、その結納の代わりに、婚約指輪を用意することが一般的です。

もちろん単純に結納品としての意味合いのみならず、相手への気持ちの証として贈るのが婚約指輪。

夫婦の証となる結婚指輪とは全く異なる意味をなすため、別途に準備する必要があるのです。

また、結婚指輪・婚約指輪ともに、装飾として使われることの多いダイヤモンド

失われることのない輝きや「変わらぬ愛」という宝石言葉は、ふたりの永遠の愛を誓うのに最適な宝石として、今現在でも多く利用されています。

日常的に身につけるため、シンプルなデザインが多い結婚指輪にも、そういった想いを込め、小さなダイヤモンドを埋め込むことがあるのです。

単純にプロポーズ用の贈り物だから豪華に、結婚指輪も見栄えを良くしたい、などの単純な気持ちで指輪選びをされている方は、このようなそれぞれの指輪に込められた想いを知ることで、選び方にも大きな影響を与えるのではないでしょうか。