広島の結婚指輪ショップBEST5 トップ » 【コラム】ふたりだけの結婚指輪をつくるには » メッセージ・刻印

メッセージ・刻印

ふたりの愛がつまった結婚指輪。その内側に入れるメッセージ(刻印)は、とても大切な夫婦の証です。みんなはどんな言葉を入れているのか、いろいろリサーチした結果をまとめました。

結婚指輪に入れる言葉~刻印を知る~

生涯の愛を誓い合った証となるのが結婚指輪。毎日いつでも身につけているものだからこそ、指輪の裏側に刻印(メッセージの言葉)を入れるカップルがほとんど。先輩カップルのメッセージ例をたくさん集めましたので、言葉選びに悩む前にぜひ参考にしてみてくださいね。

日付+イニシャルの刻印例

結婚指輪に入れる言葉~刻印を知る~もっとも一般的なのが、夫婦のイニシャルと記念日を組み合わせたもの。イニシャルでしたらスペースを取りません。記念日は籍を入れた日やプロポーズした日、挙式の日など様々のようです。※例は「太郎(T)」と「花子(H)」としています。

  • T to H … 太郎から花子へ
  • T & H … 太郎と花子
  • 2014.6.10 T to H … 記念日+イニシャル
  • MAY.5.2014 T to H … 記念日+イニシャル

愛のメッセージの刻印例

彼から、彼女から、相手へ届け続けたい言葉を入れます。基本は英語で文字数が限られるため、単語に近いフレーズになることがほとんどです。

  • LOVE … 愛
  • FOREVER … 永遠に
  • WITH YOU … 一緒に
  • LOVING YOU … 愛してる
  • MY ONLY LOVE … 私のただひとつの愛

最近では、英単語ではなくフランス語やラテン語で表現するカップルも少なくないようです。

震災以降はメッセージ量が増加

東日本大震災のあと、家族的なつながりを求める人が増え、婚姻者数が増加したことは有名な話しでしょう。そして、実は結婚指輪の刻印にも影響を与えているのです。

これまで記念日とイニシャルの組み合わせが圧倒的に多かったのですが、万が一災害などにあったことを考えて、身元が判明できる情報を入れる人が増えてきています。

内容としては、彼(彼女)のケータイ番号、自分の名前や血液型など。ただ、情報量が多いと既製品やセミオーダーでは対応できないため、いわゆるフルオーダーメイドでの購入が必須となります。

やっぱり大切な人だからこそ、結婚指輪に込める願いも大きくなりますよね。